この日だけ、
    島の人になってみよう。

    (1日だけ)小豆島人になってみるツアー

    <開催日程>
    7月13日(土)、9月14日(土)、12月7日(土)
    scroll

    タイトルを入力してください

    サブタイトルを入力してください
    テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

    「島人ツアー」とは?

    島人に会い、自分も1日だけ島人になってみる
    この「島人ツアー(小豆島人になってみるツアー)」は、新しい土地で暮らす上で大切にしたい「つながり」をつくり、移住した後も友人として楽しさや彩りを共有していってもらいたい - そういった想いで今年から新しく始める、人との出会いや交流をメインにしたツアーです。

    話す、つながる

    本当に大切なのは、いろんな人と話し、感じ、自分たちのこれからの人生について考えること。
    現実的には空き家物件見学や仕事という部分を解消していくことがポイントですが、一番大事なことは「人とのつながり」だとこのツアーでは考えています。参加者同士、先輩移住者、起業された方、ツアースタッフ・・いろんな方と話し「つながる」こと。お金には換えられない体験が移り住んだ後の”宝”にもなります。
    項目を追加
    項目
    テキスト
    対象となる方
    ・小豆島の移住を強く検討されている方(旅行ツアーではありません)
    ・ゲストという意識ではなく、コミュニケーションを自ら進んで取り、初対面同士でも会話や行動ができる方(最低限のケアしかないと思ってください)
    ・夕食の内容によっては準備・調理・後片付けを行っていただきますので、積極的な行動できる方
    ・アクティブな内容になる可能性もありますので、ある程度体力の自信のある方

    開催日程
    2019年は3回開催
    7月13日(土)、9月14日(土)、12月7日(土)
    集合時間・場所
    上記日程ともに13:00ぐらい(各回により変動の可能性あり)
    解散時間・場所
    小豆島島内 土庄港、草壁港、坂手港のいずれかを予定(詳細は個別連絡)
    参加費
    無料
    ※ただし、食事代等実費支払い(3,000円程度の予定。前後の可能性あり)
    ※集合場所までの交通費、宿泊費等は各自負担・支払いとなります
    定員
    各回6名(先着順/定員に達し次第受付終了)
    お申込み方法
    当Webページ下部 専用お申込みフォームのみ
    主催
    小豆島移住・交流推進協議会
    共催・企画運営
    NPO法人Totie
    企画運営協力
    ご注意
    ・集合場所までの交通費等費用は、各自でご負担ください
    ・宿泊施設の予約・支払いは各自で行ってください(夕食会場から宿泊施設まではお送りします)
    項目を追加

    島人ツアー予定プログラム

    Program

    空き家バンク物件見学

    物件を見るポイントや家を決める進め方、改修についてもアドバイスします。
    (見学は1件程度)

    先輩移住者店舗訪問

    移住して店舗を開いた方を訪問し、島での起業・店舗運営のお話を伺います。(見学は1件を予定)

    島人おすすめスポット

    瀬戸内海に囲まれながらも、817mの山を有する小豆島。島人も魅了されるハッとする場所にお連れします。

    伝統産業見学

    小豆島には醤油、佃煮、素麺等の伝統産業があります。都市部ではなかなか機会がない、産業見学も予定。

    ビーチクリーン

    晴天時は、浜辺での夕食を予定しており、その前に食事場所となるビーチの清掃をみなさんで行います。

    夕食交流会

    晴天時は、浜辺での食事会。雨天時は、屋内施設もしくは先輩移住者の家にて交流会を行います。

    「小豆島ぐらし」の魅力

    Wonderland

    海と山と空

    周りは穏やかな瀬戸内海に囲まれ、島内には瀬戸内で一番高い星ヶ城山。周囲に遮るものがないので見上げると空に包まれるような感覚にもなる自然に溢れる美しい島です。

    アクセス良い離島

    高松、岡山(新岡山港、宇野港)、日生、姫路、神戸の航路があり、1日約80便が往来しています。国内の離島の中では一、二を争うほどのアクセスの良さも人気の理由です。

    生活のしやすさ

    島内には大型スーパーが4店舗、コンビニ5店舗、100円ショップやホームセンターもあり、郵便局・金融機関も点在。エリアによっては、都市部よりも生活しやすいところも。

    人と産業・文化

    醤油等の古くからの製造業、オリーブの6次化されている産業があります。文化やお祭りも豊か。それは産業や文化を形作る「人と暮らし」が豊かだという証でもあります。

    小豆島への移住を具体的に検討している方は、「島人ツアー」にぜひご参加ください。

    お申込みの方は、下記フォームにご記入の上「申し込む」ボタンを押してください。
    担当者よりご連絡差し上げます。
    フォームは専用の管理画面より編集が可能です。
    ラジオ選択項目
    Q
    質問です
    A
    答えです
    Q
    どのような内容ですか?
    A
    住まいや仕事については不可欠なものではありますが、実際に移り住むとなった場合、そして永く住み続けるのにあたり大事なのが、人とのつながりです。また、小豆島には魅力的な人がたくさんいますので、先輩移住者や島出身の方々との交流によって、つながりを強めていただくことを目的とした、体験交流型のツアーです。
    内容は、
    ・物件見学(1件程度)
    ・島内企業・事業所もしくは先輩移住者が起業した店舗等の見学(1件程度)
    ・観光ではあまり行かない、景勝スポット(1件程度)
    ・夕食交流会(食材費実費負担)
    等を予定しています。
    ただし、季節・天候等により内容が変更になる場合があります。
    Q
    どういう人を対象にしたツアーですか?
    A
    今回の「小豆島人になってみるツアー」は、島民になったつもりになって、積極的に交流をしていただく機会創りの場として考えています。
    ・小豆島への移住を強く考えている方(移住検討後期の方)
    ・コミュニケーションや、目の前の行動を自ら進んで行える方
    ・夕食の準備・調理・後片付けを積極的にやれる方(ゲスト意識が強い方は、向いていないツアーです)
    ・アクティブな内容になる可能性もありますので、ある程度体力の自信のある方
    以上4点の方向けのツアーになります。
    Q
    子供、乳幼児も一緒に連れていって大丈夫でしょうか?
    A
    問題ございませんが、お子様の安全管理等は保護者の方が基本的に行ってください。
    また、アクティブな内容が入る場合もありますのをご理解の上、お申込みください。
    Q
    移住ガイドツアーとの違いはなんですか?
    A
    「小豆島ガイドツアー」は、1泊2日の中で移住に不可欠な「家・仕事」を中心とした情報・体験も含め、全般的なバランスが取れた内容になっています。地方移住を考え始め、いくつかの候補地の中に小豆島がある、という方が向いています。
    今回の「小豆島人になってみるツアー」は、島民との交流をメインにした内容になっており、小豆島への移住を強く考えている方におすすめです。
    Q
    費用はどのぐらいかかりますか?
    A
    無料のツアーになりますが、食事代等については実費でご負担いただきます。内容にもよりますが、3,000円程度を予定しています。(増減あり。また、アルコール等の飲み物は各自で準備)
    Q
    宿泊はどうすればいいですか?
    A
    ご自身でご予約およびお支払いください。
    行程により、夕食会場が異なる可能性がありますので、ご相談・お申込みいただいた方には、近くの宿泊施設をご紹介します。
    Q
    夕食後、宿泊施設まではどうすればいいですか?
    A
    スタッフが宿泊施設までお送りします。(夕食交流会は20時を終了目処としています)
    Q
    夕食はどのようなメニューですか?
    A
    季節・天候にもよりますので、そのときによって変わります。暖かい季節で降雨が無ければ、浜辺でのバーベキューを予定しています。
    また、「島人になるツアー」ですので、ゲスト意識で受動的に待っているのではなく、バーベキュー等の場合は、自分から進んで準備・調理・片付けする等の参加をお願いします。
    Q
    食べ物のアレルギーがあります。
    A
    事前にお伺いし、可能な範囲で個別に調整させていただきますが、晴天時はバーベキューになりますので、各自で食べられないものは食べない、等の各自対応をお願いします。
    Q
    まだ予定がはっきり分からないのですが、仮申込みしてもいいでしょうか。
    A
    ご予定をきちんと立て、確定した段階でお申し込みください。
    「予定は決まってないけど、定員になったら嫌だから、とりあえず予約をしておいて、他の予定が入ったらキャンセルすればいいや」といった自己中心的な方は、互助精神が基本となる地方移住そもそもが向いていないと思いますので、参加自体ご遠慮ください。
    項目を追加