この日だけ、
    島の人になってみよう。

    小豆島移住ガイドツアー2019
    scroll

    2019年も開催決定!

    今年は、9月と11月の2回開催に加えて、少人数制の「人と出会える」ツアーも開催します
    日程等の発表は2019年4月中旬を予定しています。
    ご質問等は下記問合せフォームよりご連絡ください。
    1

    小豆島移住ガイドツアー

    移り住むための第一歩
    小豆島を主要な舞台とし、映画化もされた「八日目の蝉」の作者・角田光代さんは、小説の中で小豆島のことを「海と、空と、雲と、光と、木と、花と、きれいなもの全部入った、広くて、大きな景色」と表現しています。
    豊かな自然だけではなく、古くから伝わる産業や文化。
    その伝統を紡ぎながら島を支えてきた人々や、新しい生活をはじめた人。
    新旧様々なものが混ざり合い、人を惹きつける魅力溢れる島が、新しい時代へと進み始めています。
    そんな、小豆島の暮らしに触れる「人生を変える旅」をしてみませんか?

    「小豆島ぐらし」の魅力

    Wonderland

    海と山と空

    周りは穏やかな瀬戸内海に囲まれ、島内には瀬戸内で一番高い星ヶ城山。周囲に遮るものがないので見上げると空に包まれるような感覚にもなる自然に溢れる美しい島です。

    アクセス良い離島

    高松、岡山(新岡山港、宇野港)、日生、姫路、神戸の航路があり、1日約80便が往来しています。国内の離島の中では一、二を争うほどのアクセスの良さも人気の理由です。

    生活のしやすさ

    島内には大型スーパーが4店舗、コンビニ5店舗、100円ショップやホームセンターもあり、郵便局・金融機関も点在。エリアによっては、都市部よりも生活しやすいところも。

    人と産業・文化

    醤油等の古くからの製造業、オリーブの6次化されている産業があります。文化やお祭りも豊か。それは産業や文化を形作る「人と暮らし」が豊かだという証でもあります。

    移住の”気になる”点

    Worried about move

    第1位:住居

    暮らしに不可欠なのは、やはり家。「家はどうやって探せば?みんなどうやって探したの?」
    生活のベースになる住まいやその選び方に関しては、移り住む方全てが気になるポイントです。

    第2位:仕事

    収入のためだけではなく、職場は最初のコミュニティ。「どういう産業や仕事があるの?」という質問も多いです。また、自営業・起業の方は、その環境と生活との良いバランスが取れるかがポイントになります。

    第3位:居場所

    住み続けるには、地域との関わりや島の輪(コミュニティ)に入れるか、という点も、当然気になります。人との関わりが暮らしの質や幸福度と大きく関係するので、長期的には人との繋がりが非常に大事です。

    地方移住の”気になる”点を体感し、
    小豆島での暮らしを体験する
    「人」とつながる体験型ツアー。

    小豆島移住ガイドツアー

    居、職、住。小豆島での暮らしをリアルな目線で考える2日間。
    小豆島・豊島は、2010年に開催された瀬戸内国際芸術祭以降、30~40代を中心に移り住む方が増え、2017年度は300名(島の人口の1%以上!)を超えるUIJターンの方が、この土地で新しい暮らしをスタートさせています。
    しかし、都市部での引っ越しとは異なり、どの世帯でも大小のハードルを乗り越えた後に生活を始めており、そのような移住へのリアルなステップや、それまでの準備等を「生の声」とともに知り、体験できる機会はあまりありません。 また、「人とのつながり」から生まれる気持ちの変化が移住にとっては、とても重要になってきます。そういった本当に大事なことをお伝えするために、今までのツアー内容をリニューアルし、募集を開始いたしました。
    小豆島町・土庄町の移住担当職員、先輩移住者や地元の方と共に、2日間という短い日数を充実した時間で過ごしていただけるように。また、大きな気付きが得られる時間であるように準備を進めています。
    小豆島・豊島への移住検討中の方はもちろんですが、将来に向けて地方移住を考え始めた方にも役立つプログラムになっていますので、「小豆島移住体験ツアー」にぜひご参加ください!!
    項目
    テキスト
    開催日程
    2019年9月および11月開催予定、少人数制のツアーも開催予定。
    ※4月中旬頃詳細発表および申込開始
    集合時間・場所
    後日発表
    解散時間・場所
    後日発表
    参加費
    後日発表
    参加費に含まれるもの(予定)
    島内移動車両費(貸切バス)、1日目夕食・懇親会、2日目昼食、宿泊代、保険、消費税
    ※集合場所までの交通費はご負担ください

    定員(予定)
    20名(定員に達し次第受付終了)
    お申込み方法
    当Webページ内専用お申込みフォームもしくはお電話でのお申し込み
    イベント主催
    小豆島移住・定住推進協議会
    NPO法人Totie
    旅行企画・実施
    後日発表
    イベント企画・ツアー委託販売
    NPO法人Totie(観光圏内限定旅行業者代理業 第307号)
    宿泊施設
    後日発表
    ※1名でご参加の場合は、同性の参加者様との相部屋になります
    項目を追加

    実施プログラム

    Program

    空き家物件めぐり

    まず気になる「家」めぐり。直接の物件の紹介というだけではなく、物件を見るポイントや家を決める進め方、改修についてもアドバイスします。
    ※物件の斡旋はしていません

    お仕事セミナー

    島内の産業や求人・就労資料を元に、「島ではたらく」こと、そして職場を起点とした島内ネットワークの広げ方についてもご説明します。
    ※お仕事の斡旋はしていません

    起業店舗訪問

    地域に馴染むまでは島の企業で働き、ゆくゆくは独立したいという方や、フリーランスの移住の方も多い島です。移住して店舗を開いた方を訪問し、島での起業・店舗運営のお話を聞きます。

    参加者懇親会

    1日目の夕食時は、参加者同士の懇親会も兼ねています。想いを持って同じように人生の舵を切ろうとしている方との交流はかけがえの無いものです。

    先輩移住者交流会

    1日目、2日目ともに先輩移住者との交流ができる時間があります。移住前移住後の生の体験談は、実際に行動に移す際に必ず役に立ちます!!

    移住ガイドセミナー

    家と仕事以外にも、「生活費がどれぐらいかかるの?」「子育ての環境は?」等、気になることはたくさん!そんな疑問点を全て解消するセミナーも開催!

    タイトルを入力してください

    サブタイトルを入力してください
    テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

    島のごはんをめしあがれ

    シンプルだけど力強いごちそうは、お腹も心も喜ぶごはん。
    ほとんどを小豆島と豊島の食材で作る「島のごちそう」もこのツアーの目玉のひとつ。島の土と風で作られた食材を、その土地で食す・・島ではあたり前のことですが、これこそが本当の贅沢。

    話す、つながる

    本当に大切なのは、いろんな人と話し、感じ、自分たちのこれからの人生について考えること。
    現実的には空き家物件見学や仕事という部分を解消していくことがポイントですが、一番大事なことは「人とのつながり」だとこのツアーでは考えています。参加者同士、先輩移住者、起業された方、ツアースタッフ・・いろんな方と話し「つながる」こと。お金には換えられない体験が移り住んだ後の”宝”にもなります。
    項目を追加

    実施プログラム

    Program

    タイトルを入力してください

    サブタイトルを入力してください
    テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

    小豆島暮らしのリアルな部分が知れて良かった!

    神奈川県在住/A様(30歳 男性)
    何度か島には訪れていましたが、今まで聞けなかったリアルな話が聞けて本当に良かった。漠然と地方に移住したいとしか思っていなかったけど、実際に移住したらどういう暮らしをしたいのか、何をするのかなど、いろんなことに向き合える、自分の人生にとっても良い時間でした。

    大切なことに気付くことができた2日間でした

    愛知県在住/B様(42歳 男性)
    来る前は、生活費等の数字のことばかり気になっていましたが、先輩移住者の体験談を聞くうちに、実際に何回か訪れてみて「暮らし」のイメージを重ねていくことが一番大切なことだと思うようになりました。スタッフの方にもお気遣いいただき、感謝です!違う季節にもまた来ます!

    色々な方の話を聞き、子育てのイメージができた

    千葉県在住/C様(36歳 女性)
    観光では見ることのできない雰囲気や場所に、住んでいる人の目線で連れて行ってもらい、話してくれたことが良かった。また、私だけで来ても絶対会えないような、移住した方とお会いしていろんな話、特に子育てについての話をたくさん聞くことができました。今回のツアーで移住に向けてようやくスタートできたという気持ちです。

    移住について具体的に考えることができた

    大阪府在住/D様(33歳 女性)
    移住に関しての想像でしかなかった部分(住んでどうしたいか、どういった暮らしができるのか)をかなり具体的に考えることができるようになったと思います。先輩移住者の方のお話も、それぞれ考えていること、価値観の違いが分かって面白かった。とても充実した2日間でした!
    項目を追加

    小豆島移住検討中の方はもちろん、地方移住を考え始めた方も、「小豆島移住体験ツアー」にぜひご参加ください。

    詳細は2019年4月中旬に発表します。
    こちらからの発表後連絡希望の方は、下記フォームよりその旨ご連絡ください。
    フォームは専用の管理画面より編集が可能です。
    ラジオ選択項目